リベンジin高原川with lefty-haruさん
週2の釣りとなる23日金曜日、前回の不完全燃焼な状態から抜け出すべくlefty-haruさんと前回と同じ流れを狙いました。
e0060070_15101988.jpg

*ヒット!同じポイントから3匹立て続けに岩魚が釣れました。段々とサイズアップしていき最後は尺岩魚がでました。lefty-haruさん撮影

19日は泊まり釣行の予定でしたが、台風の影響で降雨があり翌20日の釣りは断念しました。そんなこともあり増水後の水位が安定してくるであろう23日は爆釣の予感がしてなりませんでした。

しかし、思いと現実はとてもかけ離れていて爆釣どころか午前中は二人してボウズという情けない状態でした。

e0060070_15174761.jpg

*午後一番に釣れた体高のある尺虹鱒・・・虹鱒には罪はないのですがなぜか心から喜べない、そんな魚です。

当日は天気予報では曇りだといっていましたが、気温が28度にもなりピーカンの夏日となってしまいました。午後になれば少しは日がかげるだろうと期待をして釣り続けました。

e0060070_15582487.jpg

*やっと釣れた本流ヤマメ、やはりヤマメがかっこいいですね!

薄い雲が少しずつ増えだし、強い光をさえぎるようになるとそれまでが嘘のように水面での魚の反応がよくなってきました。午前中に入ったポイントをもう一度釣り上がりましたが反応の違いに驚くばかりです。一つのポイントで3匹連続で岩魚が掛かり最後の一匹は尺岩魚というおまけつきで、悪かった機嫌も直りました。
e0060070_1634112.jpg

*締めにつれた尺岩魚・・・?どこかで見たことある魚だ!!!どうやら19日にharuさんが釣った魚だったようです。リリースすれば同じ魚が釣れるんですね。私もまた同じ流れに戻しました。

e0060070_1664751.jpg


今回の釣りは、条件としては前回より絶対に良いはずなのですが思いのほかよくありませんでした。12日の釣りが今シーズンのピークだったんではと思わざる終えないですね。5月に入り余り気温が上がらない日が続き雪解けが余り進まなかったようで、本流に流入するはずの冷たい雪解け水が入らずに水温の上昇を招き、例年にない早い段階で水生昆虫のハッチがピークを迎えてしまったようですね。よって12日以降よくなると思ったハッチが少なくなっていってしまったようですね。ここ数年でも一番早いピークだったような気がします。まだ2000メートルを超える山にはたっぷり雪が残っているようですので梅雨の間に溶け出し本流も例年より釣りにくい日が続くんではないでしょうか?

6月は水位と天気図を良く見て釣行計画を立てなければなりませんね!
[PR]
by aguri923 | 2008-05-26 15:15
<< 雨の本流・ちちこ釣り 本流の釣り・「上質な時間の共有... >>


父: Kouと息子: Daiの父子(ちちこ)の釣り日記.Daiはもうすぐ高校卒業!身長は父Kouを超え180cmに突入。体(ガラ)は大人並みになった息子Daiと共に釣りバカ珍道中はさらに佳境に入っていく模様!