<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
パーフェクトボディ
前回から2週間過ぎ、平日休みに何処へ行こうか迷いましたが、高原川の水位が調度良さそうなので、北陸岩魚釣りを予定してましたが変更して本流へ直行しました。

24日より鮎釣りが解禁となりましたので鮎釣の邪魔にならないようにと早朝より釣りをしようと思っていましたが、出発が遅れ7時の到着となってしまいました。案の定、いつものポイントには鮎釣り師が入ってしていました。邪魔をしないように釣りを開始しましたが、何の反応もなく2時間が過ぎました。

当日はita-gonさんと合流することになっていましたので、上流に移動し待つことにしました。

ita-gonさんが来るまで下流から釣り上がり待つことにしました。長いプールに到着すると流れの中で小さなライズが繰り返されていました。水面上には流下する昆虫が見られないのでテレストリアルと見当をつけ、アントパターンを結びつけライズに送り込みました。水位が下がっているとはいえ、平水より15センチ高い水位では小さなフライをドリフトさせるのが難しくなかなか上手く食わせる事が出来ませんでした。
10分ほどライズを狙いましたがヒットさせることが出来ず、強い流れに入っているであろうヤマメ狙いに変更しました。フライをカディスパターンに変更し流芯のど真ん中にフライを浮かべました。
e0060070_16205327.jpg

*内径30cmのネットからはみ出す本流ヤマメ・この魚に逢いたかったんです!!!

狙いどうりと言うか、強い流れを割ってフライを咥えてくれたのが、写真のヤマメです。
5月に釣った尺ヤマメは放流の後がまだ少し残っており完璧な魚体ではありませんでしたから、今回のヤマメには、神々しさを感じるほど感激しました。何枚も写真を撮りましたが、結局この写真が一番よかったもので興奮していたのかまともな写真が殆どありませんでした。

写真を撮っているとita-gonさんが、川原まで来ていました。

合流し一緒に午前中いっぱい釣りをしましたが、良型のヤマメの反応は全くありませんでした。
強い日差しと反応の悪さから逃れるため午後からは峪ヤマメ狙いに支流へ入りました。
e0060070_15513368.jpg

      *谷での休憩時にベストに止まった蝶?蛾かも?

前回のブログでアップしましたが、この時期の支流ではいい釣りが出来た記憶がありまして自信満々での釣りでしたが、水位が高くいつもの調子とは程遠い内容となってしまいました。
ita-gonさんにかろうじて峪ヤマメらしい魚が釣れ一安心しましたが、本当はもっともっと釣れるのですよ!これに懲りずまた谷にお付き合いくださいね。

夕方まで釣りをしましたが、本流でのイブニングも余りぱっとしたものにはなりませんでした。朝方の釣りがよかったので期待しましたが、またもかなぶりに終わりました。

今度いつ本流に行こうか思案中です!
[PR]
by aguri923 | 2007-06-29 15:51
谷ヤマメ
本流の釣りも今週末からの鮎釣りの解禁に伴い思うように出来なくなります。私は梅雨の合間を縫って谷にヤマメ釣りに出かけます。
e0060070_16161673.jpg

            *数年前の梅雨の合間の谷

高原川には、幾つもの支流が流れ込んでいます。その中でもS谷は私のもっとも好きな流れです。この水系で初めて釣りをした支流であり、とにかく綺麗なヤマメがいっぱい泳いでいました。水は飲めそうなくらいに綺麗で、水温はしびれるような冷たさをしていました。淵を覗くと、そこかしこに魚影が見られ、フライへの反応も抜群によかったと記憶しています。
e0060070_1582888.jpg

*この支流で良く見られるヤマメのようなあまご。朱点が少なく何処となくヤマメぽさを感じる魚体。ヤマメとアマゴのハイブリッドだと思われます。

透明なプールには、良型のヤマメが流下物を捕食しようと水面近くに浮かび上がっています。静かに近づきヤマメを驚かせないようにフライをプレゼンテーションすると、上の写真のような魚がポイント、ポイントで釣れ続いたものです。
e0060070_1584564.jpg

*この川の純血種と思われるヤマメ。シャープな体つきが本流ヤマメとは違いますが、華麗な乙女と言う感じで求めずにいられないものを持っています。

上の写真のようなヤマメが釣れる川は、私は残念ながらこの川しか知りません。異常気象による大きな氾濫や、過度の釣り人による魚の持ち去り等で何度ももう終りではと思ったことがあります。昨年も余りいい釣りは出来ませんでした。

今シーズンは本流に通い続けたのでそろそろ様子を見に行きたいものです。
ただし梅雨の合間の晴天が私の休みとリンクしなければ無理ですが!?
[PR]
by aguri923 | 2007-06-19 15:08
本流釣行第4弾
6月7日8日とlefty-haruさんとリベンジの釣りをしてきました。
8日にはita-gonさんも合流しての釣りとなりました。毎週続けて釣りをしていますが、回を重ねるごとに釣果は伸びなくなりました。
e0060070_10512414.jpg

*プールでライズしている魚を探すharuさん
e0060070_105256.jpg

*二日目に合流したita-gonさん
e0060070_10522428.jpg

e0060070_10523989.jpg

e0060070_10525995.jpg

*3種類の魚が釣れました。どの魚も体高があり強い引きをしました。
e0060070_105330100.jpg

*夏を思わせる黄色い花が満開に咲いていました。

★今回はブログのアップが遅すぎたため、アルバムの一部としてアップさせていただきました。相変わらずずぼらで申し訳ありません。

天候もハッキリしない中2日間お付き合いくださったharuさん,どうもありがとうございました。またしても尺ヤマメには逃げられましたが、次こそ釣り上げましょうね!
ita-gonさん、コンディションの悪い中お付き合いくださりありがとうございました。又よろしくお願いします。

わたしも今度こそ虹鱒君ではなく、本物の尺ヤマメを釣りますよ!
[PR]
by aguri923 | 2007-06-12 14:57
3週続けての本流with lefty-haruさん
e0060070_8255923.jpg

金曜日の大雨により川底が洗われ、期待いっぱいでの釣行をharuさんとして来ました。
まだ増水気味の川に降り立つと只びっくり・・・
なんと水位が2メートル以上も上がった後があり、川の様子もずいぶんと変わってしまっていました。確かにライブ画像を見ていたら凄い事になってはいましたが目の当たりにして期待感が喪失感に変わってしまいました。
水温を計りますが13度と充分釣りになる温度でしたが、強い流れを割って出る魚はいませんでした。
e0060070_8261977.jpg

               *haruさん撮影

本流の水が下がる事を期待し、急遽支流を釣る事にしました。標高1000メートルを超える森の緑はまだ若く少し早いのかなと思わせる雰囲気でした。
この支流もまだ増水していて回復していない魚たちは流れを割っては出ませんでした。
1時間ほど釣りをし、又別の支流へと移動しました。

別の支流で何とかヤマメを釣る事が出来ましたが、haruさんも私も完全に消化不良気味です。午前中いっぱいの支流での釣りを終え、山を降り本流に戻りました。
e0060070_8264333.jpg

水位も午前中より5センチほど下がり水の色もだいぶ回復していました。先週、先々週とよかったポイントに移動して又びっくり!!!
プールが瀬になってしまっているではありませんか!たくさんの土砂が流されついでに魚も流され、私たちのテンションは一気に下がってしまいました。

夕方まで釣りをしましたがたまにフライに来る魚もバラシで散々な結果となりました。haruさんにも尺は有る大きなヤマメが掛かったのですがネットインする事が出来ずに、このために新調した「硬派カーボンロッド」の尺ヤマメ入魂は果たせませんでした。
e0060070_8271810.jpg

夕方近くに何とか絵になるヤマメが釣れましたが、満足の行く結果は残せませんでした。先週に引き続きいい釣りが出来ると意気込んでみましたが、haruさんには大変申し訳ない事をしてしまったようで・・・ごめんなさい。
二度あることは三度はないという事でした。当り前と言えばそうなんですが、自然相手ですから諦めるしかありませんね。(言い訳です)

今回の釣行で非常に残念であったことが、夕方「頭ハネ」されたことです。私たちが釣りをしているのを後から車で来た人が後ろから見ていて、なにも声をかけずにすぐ上流のプールに入ったことです。エサ釣りの人やルアーをやる人ならいざ知らず、同じフライをやるもの同士ですから声を掛けてから入るのが最低のマナーではありませんか。ましてあの時間帯であれば当然私たちはあのプールでイブニングをするつもりで釣りをしていたのは分かると思います。川は誰のものでもありませんが同じ釣りをするもの同士気持ちよく釣りをしたいものですね。
私たちは当然イブニングはやらずに帰りました。
[PR]
by aguri923 | 2007-06-01 08:27


父: Kouと息子: Daiの父子(ちちこ)の釣り日記.Daiはもうすぐ高校卒業!身長は父Kouを超え180cmに突入。体(ガラ)は大人並みになった息子Daiと共に釣りバカ珍道中はさらに佳境に入っていく模様!
カテゴリ
Fly
ルアー
エサ
君と僕
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧