「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
蒲田最高!by Daiちゃん
e0060070_22212832.jpg

3月24日、蒲田川に行ってきました。
朝ついたときにはすでに散発ですがライズしており、活性は高そうでした。

e0060070_222154100.jpg

朝入った上流域で一年ぶりの蒲田のヤマメにあえました。
24センチほどの綺麗な魚でした。
しかしさすがは蒲田。少しでもフライが不自然に流れたり、マッチしていなければ釣れません。浮いてきてじっとフライを眺めたあと、ぷいっと沈んでいく魚が多数いました。
午前十時ごろに移動したアルプス広場で散発のライズを狙いますが取れません。
午前中はヤマメ一匹で少しピンチのにおいです。雨も降り出しました。


e0060070_22222349.jpg

↑この写真はフタバコ
午後からは下流のプールでシロハラのハッチに誘われライズするヤマメを狙います。
かなり頻繁にライズしています。アップクロスでラインを曲げて∩にしてフライ先行で流し込むと一発でヤマメが出ました。コレもヒレピンの24センチサイズです。
その後は流真でライズするヤマメをばらし、対岸際のヤマメにも十五分も流してやっと食わしたのに痛恨のあわせ切れをしてしまいました。

一時間ほどそのプールでライズを狙い、一時過ぎに上流部に移動です。
雨脚が強くなり魚たちの警戒心が少し薄れたのか、その区間では完璧にドリフトできると大概の魚たちは、素直に流れを割ってくれました。その区間を三時間ほど釣り上がり、自分なりに良いリズムとイメージを持って釣りができ、岩魚七匹(二十五センチ前後)ヤマメ一匹(二十六センチ)を釣り満足の行く結果となりました。


最後にイブニングは昼間出すことの出来なかったヤマメにリベンジです。
リーダー+ティペットを二十フィートぐらいと長めにし、二十番のフタバコパターンで挑みました。結果、流真でライズしていたヤマメを狙って釣る事ができ最高のエンディングでした。


e0060070_22224470.jpg

反省、感想
今回は雨の影響か魚の活性が高かく、また蒲田の賢者たちを相手におもしろい釣りが出来て良かったと思う。また、今回の釣行で出来た課題を次回の釣行で生かしたいと思う。
[PR]
by aguri923 | 2007-03-27 22:22
ヤマメ&あまご
前回のブログアップ後に3回蒲田川を訪れ印象に残ったヤマメやあまごをアップしました。
e0060070_148287.jpg

3月9日は先週までの暖かさがウソのように冷え込んだ一日でした。5日には朝からライズが見られましたが、この日はお昼までライズを見つけることが出来ずにいました。お昼を知らせるサイレンとともに始まったフタバコのライズで釣り上げたアマゴ26センチ。
22番のハックリングダンフタバコカラーで釣る。朱点が判別しにくいですが実物は綺麗な朱点がくっきりと見えました。
e0060070_1484824.jpg

3月16日、先週からの冷え込みがまだ続き川原にもうっすらと雪が積もっていました。昼過ぎに栃尾地内の瀬を割って出たヤマメ21センチ。解禁から半月が過ぎハッチの傾向も変わりシロハラコカゲロウがまとまったハッチを始めました。綺麗な鰭が印象に残る一匹です。
18番シロハラハックリングダンにて釣る。
e0060070_1491684.jpg

3月24日受験を終えた息子との釣行。朝一番から上流域を二人で釣り上がりました。前日止水提の水が開放されたようで川底に溜まっていたアオミドロが綺麗に流され活性が上がっていたのか、前回無反応だったポイントから突然飛び出したアマゴ28センチ。
上流域は相変わらずフタバコのハッチが続いており22番のツイストウイングイマジャーに好反応を示してくれました。かなり体高があり蒲田川らしいスタイルの魚でした。
e0060070_1495371.jpg

午後からは大好きなアルプス広場を釣りました。フタバコに混じりシロハラコカゲロウのハッチもあり瀬の中でライズする魚を狙い釣りました。この辺は上流域の毒々しい色の魚と違い、べっぴんの美白ヤマメが釣れます。先週よりもハッチの数が多いのかいたるところでライズを見ることが出来、楽しい時間を過ごしました。
18番のシロハラハックリングダンで釣る。美白ヤマメ20cm。
e0060070_14102224.jpg

毎回竿を出した上流域ですがいつ釣りをしても反応があるので最近のお気に入りの場所となっています。
[PR]
by aguri923 | 2007-03-27 14:44
受験終了→タイイング→解禁 by Daiちゃん
e0060070_227858.jpg

はぁ~、、、やっと終わりました。
三月十五日、愛知県全日制普通課のA日程のテストがありました。
要するに受験というやつです。
とりあえずそーとう緊張しましたがまぁまぁ出来ました、と思います。
明日が合格発表です


e0060070_2273388.jpg

受験も終わったので、タイイングに励んでます。
↑こんな感じのフライを五十本ちかく巻きました。
疲れたけど、コツを掴んでからはペースも上がり順調にフライボックスを埋められました。
もうすぐ解禁です!!!


e0060070_2275868.jpg

午後から時間が空いたので二十一日に片知川に行ってきました。
かなり暖かく、たくさんの虫がハッチしていたので、ライズもあり楽しめました。
型は20センチ止まりでしたが、四時間ほどで綺麗なアマゴが十匹ほど水面を割ってくれました。
久しぶりのフライフィッシングでしたが、この釣りってやっぱりおもしろくて、素晴らしいな~と思いました。
[PR]
by aguri923 | 2007-03-21 22:08 | Fly
悪天候の中・・・
e0060070_20453520.jpg

    ●今は旧道となってしまった展望台から上流部

3月5日、悪天候の中、朝から蒲田川に出かけました。

天気予報では春の嵐という事でしたが、DIONのピンスポット天気予報ではたいした降水量ではないという事との予報だったので速攻で出かけました。
前日は気温も高く非常に寝苦しい夜を過ごすことなり、いつもより速い出発で睡眠もままならぬ状態での出発となりました。

朝早く到着したこともあり、水温の高い上流部を釣りました。解禁から攻められ続いた流れの中からはなかなか魚の姿を見ることは出来ませんでした。10時ごろまで釣り上がりましたが2匹の姿を見ることが出来ただけでした。時折降りつける冷たい雨が魚の活性を揚げてくれるものだと信じ釣り続けます。

栃尾周辺に移動しますが、雨と風が強くなりなかなか魚の姿が見られませんでした。いつもの蒲田であれば天候が荒れる時は大釣りができたのに今回はそうはいかかない状況です。

降雨の影響で川が濁りだしたので、影響の少ない上流部に再移動しました。(蒲田川は足洗川が濁りの元となっており、普段の水色もこの川が原因となっているので出会いより上流部となります。)ここでは雨の影響も少ないのか、フタバコカゲロウのハッチが見られライズも始まりました。

3時ごろまで釣りをしましたところハッチに誘われて流れに出てきた魚たちを気持ちよく釣ることが出来ました。ただし22番のフタバコカゲロウのダンパターンにしか反応はありませんでした。
e0060070_2173021.jpg

           *この日最大の岩魚ジャスト30cm。

雨も強くなり満足の釣果もえられたので帰ろうと思い車を走らせていましたところ、アルプス広場のプールでライズを発見し、慌てて身支度をし川原へ駆け下りました。前回全く魚の気配がなかった水面にはいたるところにライズがあり自分の勝手な思い込みを反省させられました。時折強い雨が降りましたがライズはいっこうに減りません。22番のフタバパターンを結びつけライズポイントに送り込みますがなかなかヒットしません。夕方までたっぷり翻弄され、5匹の魚を掛けましたがちゃんとネットインしたのは暗くなる直前に一匹の岩魚を釣っただけで終わってしまいました。ちなみに岩魚が捕食していたのは3ミリほどの黒い色をしていた巻貝でした。どうしても分からなかった捕食物が巻貝であったことに驚きましたが、22番のダンは次に多く捕食されていたので反応してくれたのだと思います。ダンの流下が見られなかったので水面下を溺れたダンが流れているとの予測で釣りをしていましたが、まさか増水で流された巻貝だったとはびっくりした結果でした。
何年も通い釣りを続けても、今回のような発見があることが蒲田川の魅力となっている事を改めて実感した釣行となりました。
[PR]
by aguri923 | 2007-03-06 20:45
蒲田川解禁
e0060070_1551522.jpg

待ちに待った蒲田川の解禁・・・!
当日行くにはいけたのですが、仕事を終え家を出発したのが10時前、蒲田川に到着したのは午後1時30分となりました。

今年は天候も異常でしたが、蒲田川の解禁風景も異常でした。例年ならばかなりの数のフライフィッシャーが川にいるのですが、私の到着した時にはエサ釣りの釣り人数名を見かけただけでした。昨年まで平日であろうとお構いナシに釣り人が押し寄せていたのに、今年は本当に不思議な解禁日でした。

年券購入後、急ぎアルプス広場へと向かいました。
川原に下りると川の流れが昨秋と違っておりびっくりしました。また川原には雪がなく、今年の暖かさがよく分かります。例年であれば深い雪に足をとられ苦労して川原まで向かっていましたが、今年は本当に楽です。

1時間半ほど釣り上がりましたが、ブルで作ってある川の中には魚の姿を見つけるにも大変苦労しました。フライを見に来た魚が2匹だけ、ソレも上手く針掛かりさせれず気持ちは焦るばかりでポイントを変えることにしました。

めがね橋から上流には数名の釣り人がいましたので、栃尾周辺まで下がり夕方まで時間をつぶすことにしました。宝橋下流で何とか1匹ヤマメを釣りボウズは逃れました。

夕方になり、早朝より釣りにこられていたita-gonさんとO氏と合流しました。ita-gonさんは朝からすでに二桁の魚を釣っており御機嫌な様子での再会となりました。
(ita-gonさん、素敵なおみあげありがとうございます。私にとっては何よりのもので・・・ita-gonさんの渾身の一滴を堪能させていただきます。)

3人で上流部にてイブニングの釣りをしましたが、他のフライマンも同じ事を考えているようでポイントごとに人がいます。いいポイントを二人で釣りをしていた方に声を掛け、お二人の後を釣らせてもらいました。

暗くなりかけ活性が上がってくれば余り釣り人の影響は考えなくても充分釣りになることは、長年の蒲田釣行で知っていましたから!!!

ほんの短時間ではありましたが狙い通りに6匹のヤマメ・岩魚を釣ることが出来、大満足で川を後にしました。
e0060070_16181883.jpg

●今シーズン最初の尺岩魚34センチ、暗くなりかけフライを見失った後強烈な引きでフックアップしたので、フライがのどの奥に掛かり出血させてしまいました。

5時間弱の釣りをするために往復7時間以上の車の運転をする私はやはり馬鹿ですね。
昨夜は運転しながらつくづくそう思いました。またこの繰り返しで今シーズンも過ぎていくのでしょう。
[PR]
by aguri923 | 2007-03-02 16:21


父: Kouと息子: Daiの父子(ちちこ)の釣り日記.Daiはもうすぐ高校卒業!身長は父Kouを超え180cmに突入。体(ガラ)は大人並みになった息子Daiと共に釣りバカ珍道中はさらに佳境に入っていく模様!
カテゴリ
Fly
ルアー
エサ
君と僕
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧