<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
蒲田川はやっぱり凄い~!byDaiちゃん
 3月23日前回リベンジとして、水位の下がったとの情報が入った蒲田川に釣りに連れって行ってもらいました。朝4時前に家を出発して、7時30分頃蒲田川に到着しました。まだ小雨が降る中、最上流部で釣りを開始しました。
 
 前回より水位は20cmほど下がっていて釣りやすい感じがしました。釣り始めて少しすると流れの中でライズを発見しました。先行していた僕はライズをとることに集中します。
数回のフォルスキャストをし静かにポイントにフライを落としました。ゆっくりフライが流れると魚の影がフライめがけて近づくのが見えました。フライに飛び出した瞬間に大きな合わせをしてしまい、痛恨のあわせ切れをしてしまいました。僕が落胆していると、父が近づいてきてまだライズしていると僕に言いました。フライを結び直すから釣っていいよと言うか言わないうちに、ラインを伸ばしてフォルスキャストしていました。ライズしていたところをフライが通過しても反応がありません。さすがにバラシた後のポイントは父でも釣れないよなぁーと思っていると、父はフライをチェンジし再度その魚を狙っています。なんと2投目に25cmほどの岩魚を釣り上げました。
e0060070_20351177.jpg
 ○父の釣った岩魚。
 それから釣り上がって行くとかなり活性が高いようで次々と魚がフライに出てきます。しかし、しばらく釣り上がるもののバラシの連続でなかなかランディングまでできません。
当たりフライはCDCカディスのようでいつものCDCダンを使って出なくてもCDCカディスを流すと狂ったように流れを割る魚もいた位でした。

そこでプールでライズしている魚を見つけたので落着いてティペットをチェックしてキャストします。そうするとイメージどうり魚が浮いてきてスッとフライを吸い込むと同時に軽く合わせると待望のヒットです。グングンとローリングする引きからヤマメのようです。慎重に寄せ遂にランディング。ヤッターー。やっと蒲田川の魚に再開できました。
e0060070_20232085.jpg
それから深山荘までの区間で尺岩魚を一匹まじえ10数匹の岩魚をランディングすることができました。後半はマエグロヒメフタオカゲロウのハッチが目立つようになりアダムスの14番に替えるとおもしろいように反応がありました。

午後からは中部工大に入り4匹の岩魚を釣る事が出来ました。フライは14番のCDCダンでした。その後アルプス広場に入りました。スレていてフライに出ることは出ましたがランディングすることはできませんでした。
e0060070_20244645.jpg


最後に田頃家に入りました。すぐ前にテンカラ師が入っていて厳しいですが諦めずに人が狙わないポイントを釣っていると23cm位の岩魚を釣る事ができました。
気温が下がってきてイブニングは期待できそうではないので、この魚で終了としました
e0060070_2029083.jpg

感想
今回の蒲田川は過去に経験したことのない素晴らしい状況で感動しました。
今回は全部で20匹程、魚を釣る事ができました。
ここまで良い釣りができると次回の釣行がかなり不安です。
おそらくこの様な釣りは一生経験出来ないと思います。
連れてってくれた父に感謝です。 リベンジ達成です。
[PR]
by aguri923 | 2006-03-25 20:40
3月12日寒狭川上流  by Daiちゃん
3月12日寒狭川上流に連れて行ってもらった。
前回の蒲田川が、散々だったため里川でのんびり釣りをしようという考えだ。
e0060070_21421824.jpg
7時半に到着。まずA川を釣る。気温は6度前後ありかなり期待できる。18番ホワイトCDCカディスを結ぶ。
葦の中の里川をのんびり釣っていると魚影は濃いようで時折魚が走る。
また小さい虫がでているようで、プールでライズが一度見られた。しかしフライが合っていないのか水面に出てこない。ここで遂に虫を特定。20番程度のブッラクカディスだったのでフライをブラックCDCカディスに変更。するといきなり反応があった。しかしフッキングできなかった。気を取り直し釣り上がる。今日一番のポイントでパシャッと出た!遂にヒット!今年初の魚。慎重に寄せ無事ランディング。綺麗な15cm弱のアマゴだった。やったーー。 
e0060070_21412740.jpg
 
そのアマゴを釣った辺りから流れが狭くなってきたので他の川に移動。
B川とC川に入るがエサ釣りが多くて釣りにならなかった。
雨が強く降り、気温も下がってきたので終了。
[PR]
by aguri923 | 2006-03-17 21:22 | Fly
3月5日蒲田川釣行 byDaiちゃん
3月5日蒲田川に行きました。今シーズン初の渓流釣りです。
今回は僕が去年3月末に来た時より、水は20cm以上増え、水温は10度程低く、さらに気温は-10度位まで冷え込んでいて、状況は最悪でした。
e0060070_22334325.jpg
朝3時に自宅出発。蒲田川には6時半ごろに着き、着替えてすぐアルプス広場の細流に入った。雪の上には前日ハッチしたと思われる数匹のエラブタマダラのダンが死んでいた。この時水温6度、気温-10度。前夜タイイングしたCDCカディス18番を結び9時まで釣り上がるが反応はまったくなかった。ガイドもウエダーのくつの裏も凍り、手はかじかみ戦意喪失して、太陽の当たる本流でライズ待ちをしていたが思った通り気配はなく、一度、川から上がり下流に移動したが反応なし。
e0060070_22335736.jpg

                           ◇ライズを待つ僕

10時過ぎに田頃家の下流部に入渓。雪の上にはクロカワゲラとユスリカかが確認できたため、前日タイイングした18番ブラックパラシュートを結び釣り上がる。しかし100mほど上流にはエサ釣り師が二人先行しており、かなり厳しい。しかしあきらめずにあまり人が狙わないポイントをのんびり釣り上がる。そしてついに速い流れの中の沈み石で縒れた場所をきれいにフライが流れていくとゆっくり黒い影が浮上しスポッとフライを吸い込んだ。間髪入れずフッキング。しかし・・・アァーーーなんと合わせ切れをしてしまった。ショックで気持ちが立て直せないままその区間から移動。午前中はその一匹しかフライに出なかった。
そのあと色々な区間を転々としながら、2時過ぎにある谷の出合いの上流に入渓した。今までで一番水が良く少しは期待できそう。しかしここも水温低し。流れの中を18番のCDCダンに替え釣り上がるが反応なし。ここで実績のあるプールに着いたのでライズ待ちをしていたが水面に変化はないので、父は流れ込みに僕は開きに分かれて釣る事に。そして父がついに釣り上げた。近寄るととても綺麗な27cm山女魚だった。聞くと「流れ込みで一度ライズしたから、そこを14番のCDCダンをドリフトしたら喰った。」と言うことだった。e0060070_2234103.jpgその後、気合を入れ釣り上がるが反応はなかった。
月曜は学校があるので早めの3時半終了。

感想 今回の釣行では僕は一匹も釣り上げる事が出来なかった。しかしこの厳しい状況のなかで一日中ドライで通し一匹でもフライに出せた事は価値あることだと思う。
また、状況が良くなってからリベンジしたいと思う。               ◇父の釣った山女魚

                                  by Daiちゃん

e0060070_22342446.jpg

[PR]
by aguri923 | 2006-03-08 22:13 | Fly
ちょっとへんだよ蒲田川
 3月1日待ちに待った蒲田川の解禁にあわせ釣りに出かけました。
 
 事前情報によると、今年の冬に上流から普段流されていない水が秋から流されていると言う事でした。何年も前にも一度ありましたが、そのときは解禁直前に水も止まり釣りには影響はありませんでした。しかし今年は放水が止まらないと言う事で、水量の多い解禁となりました。蒲田川の魅力は、解禁早々から幅広のヤマメがドライフライで釣れるからこそ遠い道のりをいそいそと出かけるわけですが、今年はどうやら様子が違いそうです。
 解禁と言う事で逸る気持ちを抑えること出来ず、まだ夜が明けぬうちに川へ到着しました。道中ずっと雨が降っていましたから水量が多いか不安で仕方がありません。最初から普段より多いと解ってはいるものの、ドライでの釣りが出来ないような水量では来た意味がありません。薄明かりの中雨にぬれながら支度をし朝一番から川へ向かいました。
 
 私の好きなアルプス広場前には、エサ釣りの人たちが点々と立ち、もう釣りをしています。時折気持ちよくサオが曲がっているのも見えます。解禁のエサ釣りの人にはどう勝負しても我々フライフィッシャーに勝ち目はありませ。水量は思ったほどではなく例年の4月中旬ぐらいの水量です。又雨の影響か、前日までの水位より5センチ程増えています。
 気温3度、水温8度・・・エ~~~8度???
水温が低すぎです。この水量にこの水温ではドライで釣りをするのはかなり難しいのではと不安になります。これでは蒲田川ではありません。普通の里川と変わりがありません。ガンガンと流れる水面を見ながら、釣りをするのであればドライフライでという信念の元に14番のダンパターンを結び付けます。川原に残る雪のうえには、例年であればハッチしたコカゲロウのダンがいっぱい死んでいるのですが、一匹も見つけることが出来ませんでした。よって14番の見やすいフライという選択をしました。又雨脚も強くなり小さなフライでは認識するのに苦労をします。まだ一度もフライと言うものを見ていない魚には水面上を浮く捕食対象物に近いものにを流せば反射的に反応する事を期待しての選択になりました。
 結構強い流れに頼りなく浮くフライを見つめながら釣り上がりますが、なかなか魚は反応しません。30分ぐらい過ぎたでしょうか、やっと強い流れの中からヤマメが反応しました。心地よい魚の引きを感じながらラインを手繰り寄せますが、ふっとロッドが軽くなりました。待望の一匹目がバラシとはいやな予感がしてなりません。
 普段狙わないような緩い開きをを重点的にフライを流していく事にしました。そうこうする内にやっと一匹めのヤマメがかかりました。しかし魚体はおせいじにも良い姿ではありません。まるでいわしのような姿に落胆するばかり、例年であれば幅広の魚体であるのに・・・・やはりちょっと変です!
 メガネ橋まで釣り上がりますが、同じようなヤマメを2匹追加しただけで、釣り上がる事を断念しました。雨脚も強くなり次第に水位も上昇してきたので普段はあまり水が流れていないようなポイントを攻める事に作戦変更しました。
 水量の少ないアルプス広場山側の細流を狙いました。この作戦が正解だったのか、気持ちの良いくらいにヤマメがフライに反応してくれ、7匹のヤマメを掛け大満足で川を後にしました。この流れを釣っていたのは私だけで、解禁日で初心なヤマメが好反応をしてくれたようです。ここでのヒットパターンはクロカワゲラのアダルトを意識した18番のドライを結んでいました。(この時間帯にはクロカワゲラのハッチが見られました。)
 休憩をかね、宝山荘に行きご主人の浩二さんから川の今後の動向について伺いました。「今年は今見の水路の補修のため、3月26日までは上流から放水をするということ。だから今年は例年では考えられない状況になるのではないか?」と言う事でした。私も20年間、蒲田川に通っていますが今回の条件は遭遇した事がありません。今後どのように釣行計画を立てれば良いかわからなくなってしまいました。

 宝山荘を後にし、充たされない気持ちを満足させるために振りしきる雨の中、栃尾の町の周辺を釣りました。なんとか1匹釣り上げ、強くなった冷たい雨を後に早々に蒲田を後にしました。いつもの蒲田川であればイブニングライズを狙う時間まで一日中釣りをしているのですが今年は全く条件が違います。

 今回釣行のブログを見て下さる方に助言させていただきますが、3月26日以降までは例年の蒲田川ではないということです。綺麗な幅広のヤマメを釣ろうと思ってもまず無理だとお伝えいたします。また水位が下がっても一週間ぐらいは川が落着かないので良い釣りは出来ないと思います。しかし私が掛けたヤマメは鰭のとがった綺麗な魚体でしたから、里川の釣りと割り切って蒲田川に行けばそれなりに楽しい釣りが出来るかも知れません?

今回は強い雨の中、防水仕様でない私のカメラは撮影をすることができませんでしたので次回釣行時画像を掲載致します。
            
                                             by kou
[PR]
by aguri923 | 2006-03-02 11:38


父: Kouと息子: Daiの父子(ちちこ)の釣り日記.Daiはもうすぐ高校卒業!身長は父Kouを超え180cmに突入。体(ガラ)は大人並みになった息子Daiと共に釣りバカ珍道中はさらに佳境に入っていく模様!
カテゴリ
Fly
ルアー
エサ
君と僕
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧