雨上がりの釣り(バス編.その1)      
e0060070_21131846.jpg








写真提供:神奈川県水産技術センター内水面試験場


9月10日 友達3人をさそって朝5時に集合,近くの野池にバスを釣りに出発。

夜に雨がぱらついていたので期待できる。 しかし朝早いのでねむい。
友達は起きているか寝ているか、わからないくらいである。

5時15分に到着。タックルをセットして開始。釣りを開始して数分後、葦際のポイントでラインがツッツと軽く動いたので、間髪いれずフッキング。
かなりゆっくりとロッドを絞り込む引き。糸が緩み次の瞬間、強烈なエラ洗い。
ラインは0,8号 さらにトラウトロッドのとてもやわらかいのを使っているので35cm程度になるとなかなか寄せられない。
しかし散々ぼくを引き回し、派手なエラ洗いを数回したバス君、そろそろ取り込めそうだ。
リールを慎重に巻き,よせいる時も水面で激しく抵抗するが、はじめよりパワーが落ちている。
プレッシャーをかけランディングは一発で成功!傷一つない綺麗なバスだ。
一時間位は、僕も友達も手のひらサイズのバスを数匹釣っただけでいいサイズがくる気配がないので100m程移動。

移動して一投目着水後誘いを少し入れるとまたもラインが軽く引っ張られたのでフッキングするとこのバスもサイズの割りに良く引く。
30cm程度のまずまずのバスだった。

また朝いちで入ったポイントに戻り葦際の浅いポイントを見ると30cm程のかなりスレていそうなバス発見、アプローチに気を使う。
一投で鼻先30cmにキャストが決まると同時にバスがワームを吸い込んだ。
フッキングも決まり完璧。思ったほど引く事もなく一発でランディングもきまった。
この魚で、9時30分タイムアップとなった。

感想
この日は、小雨も時折ぱらついていて水もいつもより15cm程度高いという最高の条件だったがトップやクランクには反応がなかった。
しかし毎日人が入れ替わり入るポイントでまずまずのバスを3匹取れたのは良かった。
雨で写真がないのが残念。

今回の活躍ワーム
インチ・ホッグワーム:4cm位の暗い緑色のリアルなザリガニワーム   (以上Daiちゃん記)  
[PR]
by aguri923 | 2005-09-11 22:25 | ルアー
<< ついに食べてみました(バス編.... 夏休み最後の釣り >>


父: Kouと息子: Daiの父子(ちちこ)の釣り日記.Daiはもうすぐ高校卒業!身長は父Kouを超え180cmに突入。体(ガラ)は大人並みになった息子Daiと共に釣りバカ珍道中はさらに佳境に入っていく模様!
カテゴリ
Fly
ルアー
エサ
君と僕
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧