5月27日荘川釣行会28日「超~後悔」の峠川
 27日28日、北陸のエキスパートO谷氏の呼びかけで総勢12名の1泊2日の釣行会に参加してきました。会場は24日に下見に行きました荘川水系とし楽しい2日間を過ごしてきました。
e0060070_10175620.jpg

 27日は、下見の時より水位も下がり、時折降る弱い雨が魚の活性を上げとても雰囲気の良い釣り日和となりました。今回は数人のグループ別にれそれぞれが別れ実釣開始です。私はO谷氏、I谷氏、U沢氏、O津さんの4名と一色川を午前中釣りました。
 本流の出合いから最初の橋の下流から釣り始めましたが、水温が低いのか魚の反応もなく1時間ほど釣りをし、上流の森の中を流れる区間に移動しました。
e0060070_10281682.jpg

*北陸のエキスパートO谷氏・キャスティング、テクニック、理論と卓越したものを持っている北陸のトップフライマン、人脈の広さにも驚かされます。
e0060070_10323240.jpg

*蔵人さんことI谷氏、凄く熱心な方でした。ポイントへのフライの流し方を少しアドバイスさせていただいた直後のヤマメ。始めて3年と伺いましたがお上手で感心しました。
e0060070_1038166.jpg

*U沢氏、O津さんカップル&O谷氏、今回唯一のカップル参加!いいですね2日間当てられっぱなしでした。お二人でかなりの釣行を重ねられているようです。なんとO津さんは今年の蒲田川で尺ヤマメを釣ったそうです。うらやまし~!
e0060070_1145586.jpg

*一色川の岩魚・午前中はこのくらいの魚がボツボツ釣れ全員釣れました。お腹の太さに比べ活性はまだまだ低く、あと1週間後がベストではないかと思います。
 遅い昼食後は、昨年もご一緒した、K道氏、T師尾氏と3人で、荘川上流部の本流を夕食まで釣り上がりました。小雨の中いくつかのライズを見つけてはキャストしますが、K道氏にヤマメが釣れただけで、T師尾氏は不満だけを残し27日の釣りを終了しました。

 夕食は、美味しい料理と色々な釣りの話が飛び出し楽しい夕餉となりました。9時過ぎには東京からN谷氏が駆けつけ、総勢12名の2次会の始まりとなりました。蔵人さんが仕込んだ美味しい日本酒を皆さんで堪能し話は盛り上がるばかりでなかなか眠りに付く事が出来ませんでした。まあ私も、この時間が一番好きですので全く苦にならずいつまでも飲み、しゃべり続けておりました。昨年は午前2時まで起きていて翌日の釣りに支障が出ましたので、今年は12時までと決めておりましたが、結局1時過ぎまで起きておりました。
 
 翌朝は、夕べ蔵人さんに教えていただいた「和らぎ水」のおかげで頭もすっきりとして美味しくご飯もいただけ、本日の釣りに備えました。いつ頃からか雨が降り続いており、道路にはかなり水が流れていました。釣行先を変更しようか迷っていましたが、川を見てから決めるという事で昨日と同じ上流部に車を進めました。ただこの時、T氏が峠川が気になるということで、一人で食後すぐに石徹白へと車を走らせて行きました。11時頃に様子をtelにて伺うと約束して保険を掛けておいたのは言うまでもありませんでした。
e0060070_14283942.jpg

*東京から参加してくれたN谷氏、スーパーサラリーマンと言われる方で、日本と言わず世界各国を転勤なさっている方です。1年ぶりの釣りという事で、凄く楽しそうに釣りをしている姿が印象に残りました。渋かった一色川でも見事に岩魚を引きずり出し繊細なテクニックを見せていただきました。

 私とN谷氏と二人で一色川を釣り上がりましたが、少しの増水によって水温が下がってしまったのか魚の反応がよくありません。N谷氏に2匹の岩魚が釣れただけで、私には1匹の魚も釣れていませんでした。1時間半ほど釣りをしていると携帯電話が鳴り、O谷氏から、峠川は凄いとT氏から連絡があり移動しましょうとの内容でした。二つ返事で川から上がり荘川を後にしました。(皆さん1時間だけで日釣り券をパーにさせてしまい申し訳ありませんでした。反省しています。)
e0060070_14441325.jpg

 実に20年ぶりの峠川への釣行となりました。私の記憶の中にある渓相と全く違っており凄く新鮮な気持ちがしました。数年前からC&R区間が出来、いろいろな方々が絶賛しているのは聞いておりましたがなかなか足を運ぶ事が出来なかったところです。
12時過ぎに現地に到着し急いであまご園にて日釣り券を購入しT氏の待つプールへと急ぎました。朝からライズしていて、型の良いあまごを数匹釣ったとの事。まだライズは続いているので熱くなってこのプールから離れられないと熱いお返事をいただきました。
日曜日だという事もあり、プールの開きでは盛んにルアーを引く女性の姿がありました。時折ライズする良い魚のライズの上を、大きなミノーでかき回すので、さすがにライズは少なくなってしまいました。そんな中でもきっちり結果を残したのはO谷氏でした。私はフライに乗せる事が出来ず、恥かきでそのプールを後にし釣り上がりました。
e0060070_1701693.jpg

 さすがにC&R区間だけに魚の多いことといったら・・・!!!日曜日という事もあり何人もの釣り人が通過したであろう流れの中からでも型の良いあまご、岩魚がフライに飛び出すではありませんか!
e0060070_811138.jpg

 *この日一番の岩魚・居つきの体色の濃い鰭ピンの魚体に感激しました。
e0060070_8175773.jpg

*スキー場下のプールで粘るT師尾さん・前日あまり良い釣りが出来なかったようですが、峠川で爆発しました。短時間の間に二桁の魚を釣り、参加者の中で最長寸の岩魚を釣り上げました。自身初の尺岩魚だったようで大満足の釣行となったとおっしゃっていました。
e0060070_827064.jpg

*夕方まで釣り続けたU沢氏とO津さん・何とか彼女に魚を釣らせてあげようと真剣に教えていました。U沢氏の熱い気持ちはよ~く解りますよ!

 2日間の釣行会も無事に終了し各自流れ解散となりましたが、イブニングまで釣りをしていたのはU氏、I氏、Oさんの若手3人だけでした。3名の熱心さには頭が下がる思いです。あれだけ真剣にやれば上達が早いのも頷けます。

 この釣行会も場所の選定に躓きましたが、峠川という素晴らしい流れで釣りが出来た事に感謝します。自分の中ではこの釣行会はチョ~後悔となりました。最初から峠川を選定していれば・・・・・・・・・グッスン

 皆さんお疲れ様でした。又来年も御一緒したいですね!本当にありがとうございました。
[PR]
by aguri923 | 2006-05-31 10:15
<< 6月5日 高原川釣行 荘川下見5月24日 >>


父: Kouと息子: Daiの父子(ちちこ)の釣り日記.Daiはもうすぐ高校卒業!身長は父Kouを超え180cmに突入。体(ガラ)は大人並みになった息子Daiと共に釣りバカ珍道中はさらに佳境に入っていく模様!
カテゴリ
Fly
ルアー
エサ
君と僕
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧