「ほっ」と。キャンペーン
4月10日蒲田川~フタバのハッチに誘われて
 4月に入り2週間ぶりに蒲田川へ行きました。例年であればそろそろ雪代が流入する頃ですが、今年の春はまだまだ寒いようで雪代の進行も進んでいないようです。毎日色々な方のホームページを閲覧させていただき、蒲田川に関する情報収集も完璧です。
私の持っている過去のデータと照らし合わせ、当日有効だと思われるフライもしっかりタイイングしての釣りとなりました。
e0060070_10454232.jpg

 朝7時から上流部に入りました。宝山荘別館裏から上流は比較的水温も高く水量も安定していますので朝一番でも充分に釣りになるポイントです。前回の釣行時より水位は10センチほど高く水温も思ったほど高くありません。前日の夕方ハッチしたと思われるヒラタカゲロウのダンが石裏に数匹見られました。水面付近ではユスリカと思われるハッチが少し見られる程度でした。気温は雨の前で冷え込んではいませんが、暖かいと感じるほどではなく雰囲気としては?という感じ・・・(釣りをしていてこの雰囲気という事が非常に重要!)とりあえず14番のヒラタパターン結び叩き上がりの釣りを開始しました。

 30分ほど釣り上がりますが反応はなく、いつも良い岩魚がライズをするプールに到着しました。しかし、いつもライズするプールも沈黙したままです。一応フライを流してみますがやはり反応はあいません。このプールでは過去フタバコカゲロウのハッチに遭遇し楽しい経験をしていたので、20番ツイストウイングイマジャーへとフライチェンジしました。
静かな水面をゆっくり流れるフライ目掛け岩のしたから大きな影が近寄り静かにフライを吸い込みました。一部始終が見えましたからつい大きな合わせをしてしまい、あわせ切れとなりました。水面下でもんどりうつ魚の大きさが確実に尺を越すサイズなので、落胆は隠せません。大きなため息一つで気取り直し次のポイントを目指します。フライはフタバパターンを引き続き使用します。
e0060070_1246082.jpg

 対岸に大きな岩の入ったポイントに到着しました。岩の下はえぐれていて、いかにも大きな岩魚がついていそうな感じがしました。少し距離をおいいて岩すれすれにフライを流します。弱々しく流れるフライを静かに吸い込む波紋にあわせロッドを静かに立てました。今度はしっかりフックアップしたようで力強い引きを味わいながら引き寄せます。体色の濃い居つき岩魚でした。
 岩魚をしっかり釣り上げ本日の釣りのパターンが決まりました。上流域は山岳渓流の様相をしており時折現れるプールだけを狙い釣り上がりました。時間とともにフタバコカゲロウのハッチも始まり、それに誘われるかのようにライズも見られ楽しい時間を過ごす事が出来ました。ただ小さなフタバパターンでも見切られる事がしばしばあり、魚のスレ方が尋常じゃない事を物語っていました。

 午後からは10時頃より降り出した雨が時折強くなり増水を心配しての釣りとなりました。この季節私の一番好きなアルプス広場で釣りを再開します。アルプス広場周辺でもフタバのハッチがありいたるところでライズがありました。ただここは毎日頭の上を流れるフライを見続けている魚ばかりなので一筋縄ではいきませんでした。一匹のライズを取るの1時間もかかってしまいなかなかメガネ橋まで行き着くことが出来ず、降雨のため3時頃より濁りが入りだし終了としました。この2週間の間に水温と水量が安定し水生昆虫のハッチが増え条件がよくなった証が釣り上げたヤマメを見れば解るでしょう。ただ今日のハッチはフタバコカゲロウでしたが、捕食されていたのはヒゲナガカワトビケラのラーバばかりでした。水面下で起きている事はやはり良く解らない???だからフライは楽しんですが!非常に神経を使う釣りをして本日ぐったりです。
e0060070_14583742.jpg

*頭は小さいが体高が高くなってきているヤマメ・・・アルプス広場にて
[PR]
by aguri923 | 2006-04-12 10:33
<< なごり雪?蒲田川にて 新しいランディングネット >>


父: Kouと息子: Daiの父子(ちちこ)の釣り日記.Daiはもうすぐ高校卒業!身長は父Kouを超え180cmに突入。体(ガラ)は大人並みになった息子Daiと共に釣りバカ珍道中はさらに佳境に入っていく模様!
カテゴリ
Fly
ルアー
エサ
君と僕
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧