蒲田川はやっぱり凄い~!byDaiちゃん
 3月23日前回リベンジとして、水位の下がったとの情報が入った蒲田川に釣りに連れって行ってもらいました。朝4時前に家を出発して、7時30分頃蒲田川に到着しました。まだ小雨が降る中、最上流部で釣りを開始しました。
 
 前回より水位は20cmほど下がっていて釣りやすい感じがしました。釣り始めて少しすると流れの中でライズを発見しました。先行していた僕はライズをとることに集中します。
数回のフォルスキャストをし静かにポイントにフライを落としました。ゆっくりフライが流れると魚の影がフライめがけて近づくのが見えました。フライに飛び出した瞬間に大きな合わせをしてしまい、痛恨のあわせ切れをしてしまいました。僕が落胆していると、父が近づいてきてまだライズしていると僕に言いました。フライを結び直すから釣っていいよと言うか言わないうちに、ラインを伸ばしてフォルスキャストしていました。ライズしていたところをフライが通過しても反応がありません。さすがにバラシた後のポイントは父でも釣れないよなぁーと思っていると、父はフライをチェンジし再度その魚を狙っています。なんと2投目に25cmほどの岩魚を釣り上げました。
e0060070_20351177.jpg
 ○父の釣った岩魚。
 それから釣り上がって行くとかなり活性が高いようで次々と魚がフライに出てきます。しかし、しばらく釣り上がるもののバラシの連続でなかなかランディングまでできません。
当たりフライはCDCカディスのようでいつものCDCダンを使って出なくてもCDCカディスを流すと狂ったように流れを割る魚もいた位でした。

そこでプールでライズしている魚を見つけたので落着いてティペットをチェックしてキャストします。そうするとイメージどうり魚が浮いてきてスッとフライを吸い込むと同時に軽く合わせると待望のヒットです。グングンとローリングする引きからヤマメのようです。慎重に寄せ遂にランディング。ヤッターー。やっと蒲田川の魚に再開できました。
e0060070_20232085.jpg
それから深山荘までの区間で尺岩魚を一匹まじえ10数匹の岩魚をランディングすることができました。後半はマエグロヒメフタオカゲロウのハッチが目立つようになりアダムスの14番に替えるとおもしろいように反応がありました。

午後からは中部工大に入り4匹の岩魚を釣る事が出来ました。フライは14番のCDCダンでした。その後アルプス広場に入りました。スレていてフライに出ることは出ましたがランディングすることはできませんでした。
e0060070_20244645.jpg


最後に田頃家に入りました。すぐ前にテンカラ師が入っていて厳しいですが諦めずに人が狙わないポイントを釣っていると23cm位の岩魚を釣る事ができました。
気温が下がってきてイブニングは期待できそうではないので、この魚で終了としました
e0060070_2029083.jpg

感想
今回の蒲田川は過去に経験したことのない素晴らしい状況で感動しました。
今回は全部で20匹程、魚を釣る事ができました。
ここまで良い釣りができると次回の釣行がかなり不安です。
おそらくこの様な釣りは一生経験出来ないと思います。
連れてってくれた父に感謝です。 リベンジ達成です。
[PR]
by aguri923 | 2006-03-25 20:40
<< 新しいランディングネット 3月12日寒狭川上流  by ... >>


父: Kouと息子: Daiの父子(ちちこ)の釣り日記.Daiはもうすぐ高校卒業!身長は父Kouを超え180cmに突入。体(ガラ)は大人並みになった息子Daiと共に釣りバカ珍道中はさらに佳境に入っていく模様!
カテゴリ
Fly
ルアー
エサ
君と僕
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧