ちょっとへんだよ蒲田川
 3月1日待ちに待った蒲田川の解禁にあわせ釣りに出かけました。
 
 事前情報によると、今年の冬に上流から普段流されていない水が秋から流されていると言う事でした。何年も前にも一度ありましたが、そのときは解禁直前に水も止まり釣りには影響はありませんでした。しかし今年は放水が止まらないと言う事で、水量の多い解禁となりました。蒲田川の魅力は、解禁早々から幅広のヤマメがドライフライで釣れるからこそ遠い道のりをいそいそと出かけるわけですが、今年はどうやら様子が違いそうです。
 解禁と言う事で逸る気持ちを抑えること出来ず、まだ夜が明けぬうちに川へ到着しました。道中ずっと雨が降っていましたから水量が多いか不安で仕方がありません。最初から普段より多いと解ってはいるものの、ドライでの釣りが出来ないような水量では来た意味がありません。薄明かりの中雨にぬれながら支度をし朝一番から川へ向かいました。
 
 私の好きなアルプス広場前には、エサ釣りの人たちが点々と立ち、もう釣りをしています。時折気持ちよくサオが曲がっているのも見えます。解禁のエサ釣りの人にはどう勝負しても我々フライフィッシャーに勝ち目はありませ。水量は思ったほどではなく例年の4月中旬ぐらいの水量です。又雨の影響か、前日までの水位より5センチ程増えています。
 気温3度、水温8度・・・エ~~~8度???
水温が低すぎです。この水量にこの水温ではドライで釣りをするのはかなり難しいのではと不安になります。これでは蒲田川ではありません。普通の里川と変わりがありません。ガンガンと流れる水面を見ながら、釣りをするのであればドライフライでという信念の元に14番のダンパターンを結び付けます。川原に残る雪のうえには、例年であればハッチしたコカゲロウのダンがいっぱい死んでいるのですが、一匹も見つけることが出来ませんでした。よって14番の見やすいフライという選択をしました。又雨脚も強くなり小さなフライでは認識するのに苦労をします。まだ一度もフライと言うものを見ていない魚には水面上を浮く捕食対象物に近いものにを流せば反射的に反応する事を期待しての選択になりました。
 結構強い流れに頼りなく浮くフライを見つめながら釣り上がりますが、なかなか魚は反応しません。30分ぐらい過ぎたでしょうか、やっと強い流れの中からヤマメが反応しました。心地よい魚の引きを感じながらラインを手繰り寄せますが、ふっとロッドが軽くなりました。待望の一匹目がバラシとはいやな予感がしてなりません。
 普段狙わないような緩い開きをを重点的にフライを流していく事にしました。そうこうする内にやっと一匹めのヤマメがかかりました。しかし魚体はおせいじにも良い姿ではありません。まるでいわしのような姿に落胆するばかり、例年であれば幅広の魚体であるのに・・・・やはりちょっと変です!
 メガネ橋まで釣り上がりますが、同じようなヤマメを2匹追加しただけで、釣り上がる事を断念しました。雨脚も強くなり次第に水位も上昇してきたので普段はあまり水が流れていないようなポイントを攻める事に作戦変更しました。
 水量の少ないアルプス広場山側の細流を狙いました。この作戦が正解だったのか、気持ちの良いくらいにヤマメがフライに反応してくれ、7匹のヤマメを掛け大満足で川を後にしました。この流れを釣っていたのは私だけで、解禁日で初心なヤマメが好反応をしてくれたようです。ここでのヒットパターンはクロカワゲラのアダルトを意識した18番のドライを結んでいました。(この時間帯にはクロカワゲラのハッチが見られました。)
 休憩をかね、宝山荘に行きご主人の浩二さんから川の今後の動向について伺いました。「今年は今見の水路の補修のため、3月26日までは上流から放水をするということ。だから今年は例年では考えられない状況になるのではないか?」と言う事でした。私も20年間、蒲田川に通っていますが今回の条件は遭遇した事がありません。今後どのように釣行計画を立てれば良いかわからなくなってしまいました。

 宝山荘を後にし、充たされない気持ちを満足させるために振りしきる雨の中、栃尾の町の周辺を釣りました。なんとか1匹釣り上げ、強くなった冷たい雨を後に早々に蒲田を後にしました。いつもの蒲田川であればイブニングライズを狙う時間まで一日中釣りをしているのですが今年は全く条件が違います。

 今回釣行のブログを見て下さる方に助言させていただきますが、3月26日以降までは例年の蒲田川ではないということです。綺麗な幅広のヤマメを釣ろうと思ってもまず無理だとお伝えいたします。また水位が下がっても一週間ぐらいは川が落着かないので良い釣りは出来ないと思います。しかし私が掛けたヤマメは鰭のとがった綺麗な魚体でしたから、里川の釣りと割り切って蒲田川に行けばそれなりに楽しい釣りが出来るかも知れません?

今回は強い雨の中、防水仕様でない私のカメラは撮影をすることができませんでしたので次回釣行時画像を掲載致します。
            
                                             by kou
[PR]
by aguri923 | 2006-03-02 11:38
<< 3月5日蒲田川釣行 byDaiちゃん 郡上八幡「ハタヤ裏」の釣り >>


父: Kouと息子: Daiの父子(ちちこ)の釣り日記.Daiはもうすぐ高校卒業!身長は父Kouを超え180cmに突入。体(ガラ)は大人並みになった息子Daiと共に釣りバカ珍道中はさらに佳境に入っていく模様!
カテゴリ
Fly
ルアー
エサ
君と僕
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧