「ほっ」と。キャンペーン
郡上八幡「ハタヤ裏」の釣り
  e0060070_22131091.jpg
2月14日郡上八幡へ釣りに出かけました。
 当日は雨の前日で日中の気温が上がると天気予報で言っていましたから、今シーズン三度目の釣りになります。二度ほど長良川中央で釣りをしましたから今回は郡上を目指しました。まあ途中ライズがあれば狙うのは当然ですが、この日は放射冷却によって道路の気温計はマイナスを示していました。また郡上までのめぼしいポイントでもライズは見られず、車を吉田川まで車を進める羽目に・・・・
 昨年はライズも多くかなり楽しめたハタヤ裏に車を停車させました。「バロー」の駐車場
からプールを覗く事ができますので、早速水面を観察します。
 
 まだ時間が早いのかプールは静まり返っています。まあバローの駐車場も静まり返って
いるぐらいの時間だからしかたないかもしれませんが(!?) 30分ぐらい見ていましたがやはりライズがないので、上流の石原堰堤を観察に移動しました。今年のシラメ釣りはやたら移動が多いような気がするが・・・

 石原堰堤は橋の上から水面が観察できますので、魚影を探します。昨シーズンはいっぱ
い見られた魚影は今回は全く発見する事は出来ませんでした。今シーズンは積雪が多く吉
田川への成魚放流は上流では14日現在では行われていないようでした。(17日吉田川全
域で240Kgの成魚が放流されるそうです。)

 そうこうしている内に10時となってしまい急いでハタヤ裏に戻りました。この頃には気温も上がり水面上をユスリカが飛び交うのも確認できるようになって来ました。八幡の街中は成魚の放流がされたようで、シラメやアマゴの姿を見つける事が出来ました。後はライズを待つだけです。すると流れの中にライズをするシラメがボツボツ・・・。
この日の吉田川は水色は透明でしたから偏光グラス越しにライズをする魚影を追う事ができます。タイミングを計りライズに合わせるように、28番のミッジピューパを投入しました。シラメが通過するであろうポイントに流れるようにラインを引っ張り調整します。
思惑どうりシラメはフライを咥えました。
e0060070_22142112.jpg
フライが小さいのでテンションを緩めないようにすばやくランディングします。20cmほどでしたが綺麗なシラメが釣れました。やっと一安心!まだライズはありますので狙いますがどうした事か3連続でバラシです。
 ここで熱くなってしまった頭を冷やすべく昼食にしました。食事をしている間にもライズを狙う釣り人はいましたが、なかなかロッドは曲がりません。やはり解禁から2週間も過ぎているのでシラメもかなりフライにすれているようです。

 昼食後つりを再開しますが、午前中に狙っていたポイントには他のフライマンがいましたのでライズのありそうなところを探し彷徨います。プールの流れ込み当たりにライズを発見し狙いますが、今度はなかなかヒットしません。そうこうする内にポツポツと雨が降ってきました。雨の波紋がプール一面に広がるとそれに誘われるようにライズも盛んになりました。なかでも一番頻繁なライズをめがけフライを投射します。一発ライズポイントを流れるフライめがけアマゴが飛び掛りました。余りに勢いよく飛び出すアマゴに大きく合わせ、なんとかフックアップしたようで心地よいひきが竿先を通し伝わります。本日2匹めのアマゴを釣り上げました。このアマゴは天然物でヒレはピンと張りその姿は美しいばかりでした。
 2匹目を釣り上げると雨脚も強くなり本日のつりを終了としました。しかしそれでも私は帰りに美濃橋下流でイブニングをと思い、ウェダーを脱げずに車に乗り込むのでした・・・。

 その後の釣果はご想像にお任せいたします。
                                     bykou
[PR]
by aguri923 | 2006-02-16 15:38
<< ちょっとへんだよ蒲田川 朝から晩まで >>


父: Kouと息子: Daiの父子(ちちこ)の釣り日記.Daiはもうすぐ高校卒業!身長は父Kouを超え180cmに突入。体(ガラ)は大人並みになった息子Daiと共に釣りバカ珍道中はさらに佳境に入っていく模様!
カテゴリ
Fly
ルアー
エサ
君と僕
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧